新規事業アイデアを生み出す環境と日々の行動

皆さんこんにちは!office SEDA ヒロユキです。

今日は新規事業アイデアを生み出す環境と日々の行動をテーマに書きたいと思います。

(前回の新規事業アイデアを生み出す思考法はこちらから)

新規事業アイデアを生み出す思考法

既に新規事業を担当されているビジネスパーソンだけでなく、多くの方に学びをお届けできるようにゆる~く読んでいただけたら幸いです。

良い事業アイデアが生まれるには当然ながら良い環境が大切です。

良い環境とは結論、心理的安全性が確保された環境です。
もう少し簡単に言うと、自らの思考や感性、情熱を素直に表現することができる環境です。アイデアも様々な思考や感性で洗練されることによって更に良くなるよくなるということです。

つまり人を信じ、人の創造性を信じられる環境が良いアイデアを創出するベースとなります。

 良い事業アイデアを生み出す行動

次にどんな行動をすればアイデアが生まれやすいかについて、2つ程お伝えします。

ひとつ目は異質な体験を沢山するように行動することです。そしてその体験から得られた感情に向き合ってください。

つまり、楽しい・面白いと感じたこと、辛い・めんどくさいと感じたことに対して何故その感情が生まれたのかを自分軸で考えることです。

その感情を強く引き出すためには異質な体験を沢山できる環境に自らを置く必要があります。

ふたつ目は頭を真っ白にすることです。
これは意外と実践するのは難しいですよね。
何も考えないことではないですよ。(笑)

頭を真っ白にする狙いは、脳が創ってしまった限界、固定概念を解放することにあります。

ここでは頭が真っ白に近い、外乱が少ない脳のタイミング(時間帯)を紹介したいと思います。
タイミングは以下の4つ。

寝る前・目覚め・交通機関に乗る・お風呂

 

如何ですか?ご自身の過去の経験でも新しい発想や閃きを得るタイミングがこの4つに含まれませんか?実は今紹介した時間帯にプラスして、異質な体験を含む行動が一つあります。

それは「旅」です。

優れた経営者や芸術家が定期的に旅に出るといった行動は、この真理に起因するかもしれませんね。

最後に、ここまでお伝えしておきながら大変心苦しいですが、
残念ながら新規事業アイデアの創出には再現性がありません。

ひょっとすると事業アイデアは創出するというより降りてくるものかもしれません。つまり日々の環境・行動からアイデアがあなたを選ぶということです。

新規事業を担当するビスネスパーソンは環境を整え、思考法と行動を繰返し、アイデアが降りてくるのを楽しみにして下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

office SEDA

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。